TOP

アフィリエイトを始めるには

アフィリエイトは、個人が企業と直接提携するものもありますが、多くはアフィリエイトサービスプロバイダ(以下ASP)という広告配信業者を通じて企業と提携します。

まずASPに登録を申し込みますが、ほとんどのASPではホームページ・ブログ・メールマガジン等、広告の掲載媒体を持っている必要があります。何も持っていないよという人は、ブログを開設することをお勧めします。→ブログとは?

ASP登録を申し込むと掲載媒体の審査があって、それに合格するとASPに登録され企業との提携が可能となります。ASPによっては電脳卸のように審査の無いASPもありますが、コンテンツの工事中が多い作りかけのホームページでは審査に通らない場合がありますので注意してください。

次にASPに登録されている広告主となる企業に提携を申し込みます。これも即提携OKな企業や審査が必要な企業などさまざまです。

企業との提携が完了したら、いよいよ配信される広告をホームページ等に掲載します。配信される広告の方式は、これまでよく使われていた画像バナー・テキストリンクの他、最近主流なのが商品の画像を掲載し直接販売ページにリンクする方式です。電脳卸や楽天アフィリエイトはこの方式です。掲載方法はASPで配信されるリンクコードをコピーして貼り付けるだけです。

そして、そのリンクを経由して商品が売れる・広告がクリックされるなど、広告主の報酬条件が満たされるとASPを経由して報酬が支払われるのです。報酬は現金が基本ですが、楽天アフィリエイトのようにポイントで支払われる場合もあります。

どうでしょうか?そんなに難しくはないですよね?

広告主や広告配信方式はASPによって様々です。一つのASPのみでアフィリエイトを行うより複数のASPに登録しておいた方が、広告掲載の選択肢も増え有利かと思います。ASP別の特徴をまとめましたので参考にしてください。

アフィリエイトサービスプロバイダ紹介


関連記事

トラックバックガイドライン
トラックバック(以下TB)は随時受け付けています。ページ内容にあったTBであれば、記事内で特にこのサイトへのリンクが無くてもよいのでどんどん送ってください。その場合こちらからもTBを送りますので、TBできる状態の記事で送信をおねがいします。また関連性のないと思われるTBは削除しますのでご理解お願いします。
トラックバック一覧 (0)

このエントリーのトラックバックURL http://hps.no04.com/mt/mt-tb.cgi/8