TOP / 2006年1月ログ

その他収益を出すポイント

これまで解説してきたことの他に収益を出すためのポイントをいくつかまとめました。

  1. 広告の量に注意
    ブログ等で3カラムにして、大量に広告を詰め込んでいるサイトをよく見かけますが、広告の詰め込みすぎはかえって逆効果です。ウェブサイト全体が見づらくなり広告のクリック数が低下するのと、訪問者に不信感を与えてしまいリピーターを失います。見やすくわかりやすいというウェブサイト作りの基本を崩さないような配置をしましょう。
  2. アクセス解析をしよう
    アクセス解析とは、訪問者の数や訪問してきたリンク、検索サイトのキーワードなどを解析することです。1日の訪問者数は何人か?どこのサイトのリンクから訪問してくるのか?検索サイトで検索されるキーワードは何が一番多いのか?ウェブサイトのどのページが人気があるのか?などなどアクセス解析をすることでウェブサイトを改善するヒントを得ることができます。無料で解析スクリプトを提供しているサイトがありますので活用しましょう。
  3. ページはたくさんあったほうがいい
    例えば商品の紹介で1つのページに10個の商品を紹介するのと、1ページに1個の紹介で10ページ持つのはどちらが有利なのでしょうか?検索エンジンからのアクセスを重視するのであれば複数のページを持ったほうが有利となります。1つのページの検索結果の順位を上げてアクセス数を稼ぐよりも、複数のページで少しずつアクセス数を確保しトータルで稼ぐ方が簡単だからです。また1つのページに頼り過ぎると、検索結果の上下によってアクセス数が不安定になりがちです。

    しかし同じ様な内容のページをたくさん作り過ぎると、訪問者が迷ってしまいますので、ブログのカテゴリーページのように、同系列のページへのリンクを集めたページを作る必要があります。またはサイト内を検索できるような機能をウェブサイトに追加すると良いでしょう。グーグルアドセンスでは、検索結果ページに広告が配信される検索窓のスクリプトも提供していますので、利用してみると良いかと思います。

  4. ウェブサイトに完成は無い
    ブログのような日記型ウェブサイトは別として、通常のウェブサイトである程度コンテンツが充実してきたころから更新をやめててしまう人がいます。サイトの更新がなくなると新規の訪問者を獲得しても再度訪問してくる人が減り、アクセス数が伸び悩んでしまいます。ウェブサイトに完成はありません。常に更新を繰り返し、新しい情報を提供する事で訪問者を退屈させないウェブサイト作りをしましょう。


コメントを投稿

関連記事

トラックバックガイドライン
トラックバック(以下TB)は随時受け付けています。ページ内容にあったTBであれば、記事内で特にこのサイトへのリンクが無くてもよいのでどんどん送ってください。その場合こちらからもTBを送りますので、TBできる状態の記事で送信をおねがいします。また関連性のないと思われるTBは削除しますのでご理解お願いします。
トラックバック一覧 (0)

このエントリーのトラックバックURL http://hps.no04.com/mt/mt-tb.cgi/16