TOP / 2006年1月ログ

効果的な広告の配信

アフィリエイトの実践方法として、商材を直接ページ内で紹介しひとつのコンテンツとして配信する方法と、関連したコンテンツのページで一緒に商材を紹介する方法があります。

最初の商材の紹介をメインにする方法はブログでよく見かけます。そのページのコンテンツ自体が商材の紹介になる訳ですから、比較的アクセスに対して商材のリンクをクリックしてくれる人の割合が多いという利点があります。しかし商材の紹介がコンテンツの中心となるので、このようなページばかりだとウェブサイト自体の魅力が薄れる恐れもあるので注意してください。また紹介文も魅力あるものにしなければなりません。

商品の販売ページの文章をそのままコピーして使用しているウェブサイトをよく見かけますが、他のウェブサイトと同じ文章では、検索サイトの検索結果で他のウェブサイトに埋もれてしまい検索されにくくなります。また楽天アフィリエイト等で複数の店で扱っている商材を紹介する場合は、最安値を探して紹介するようにしましょう。報酬に目がくらんで、他に安い店があるのに高い所の商材を紹介していると成果はあがりません。自分が買い手になったことをイメージする事が大切です。

一方メインコンテンツとは別に、サイドバーやヘッダー・フッターで商品の紹介をしたり広告を配置する方法の場合は、メインコンテンツで商材の紹介をしないので、ある程度アクセス数があることが条件です。この方法は、すでにある程度の期間運営されていて常連の訪問者が多いウェブサイトに向いています。なぜかというと、これらのウェブサイトでいきなり商材の紹介などアフィリエイト色を多く出しすぎると、訪問者にある種の不信感を抱かせかねないからです。

そしてこの配信方法は、配置場所で収益が大きく変わります。一番目に付くと思われるページ上部(ヘッダー)は実はあまり効果がありません。これからページを見るというときに広告に目が止まることは少ないですし、多くのインターネットユーザーはそこに広告が配置されているということを知っていて、無意識に飛ばされてしまうことが多いからです。

効果的なのはコンテンツを読み終えた時に目に止まる位置です。例えばコンテンツ文の最後に付け加える様に配置したり、サイドバーやナビゲーションバーの近くなどです。ページ内の情報を読み終えた訪問者が、次に開くページとして広告をクリックする確率が高くなります。配置する場合は重複しない内容の広告を数種類配置するとよいでしょう。またイメージバナ-よりテキスト広告のほうがクリック率は高くなります。

以上2種類の配信方法を紹介しましたが、それぞれ一長一短がありますので、うまく組み合わせて収益のチャンスを広げましょう。


コメントを投稿

関連記事

トラックバックガイドライン
トラックバック(以下TB)は随時受け付けています。ページ内容にあったTBであれば、記事内で特にこのサイトへのリンクが無くてもよいのでどんどん送ってください。その場合こちらからもTBを送りますので、TBできる状態の記事で送信をおねがいします。また関連性のないと思われるTBは削除しますのでご理解お願いします。
トラックバック一覧 (0)

このエントリーのトラックバックURL http://hps.no04.com/mt/mt-tb.cgi/15