TOP / 2005年12月ログ

収益を出す広告選び

あなたのウェブサイトに人は集まってきましたか?あくまで目安ですが一日あたり50人以下のアクセス数ではアフィリエイトで月1万円以上の収益を出すのは難しいです。アクセス数が上がるまではサイト内容の充実と宣伝に力を入れましょう。

アクセス数が上がってきたらいよいよアフィリエイトの活動を開始する訳ですが、大切なのは商材とウェブサイトとの関連性です。たとえば車関連のウェブサイトなのに健康食品の紹介をしたり、サッカー関連のウェブサイトなのに消費者金融の紹介をしても効果は薄いですよね?ウェブサイトと広告との関連性は収益に大きく関係してきます。

比較的多くのジャンルに対応できるアフィリエイトは、A8NETトラフィックゲート等のASPか直接楽天で提携できる「楽天アフィリエイト」やバリューコマースで提携できる「ヤフーショッピング」、電脳卸等の個別に商品を紹介できるアフィリエイトプログラムです。

スポーツや趣味のウェブサイトで関連グッズを紹介したり、映画やアーティストをテーマとしたウェブサイトでCD・DVDなどを紹介することで、比較的簡単に収益をあげることができます。しかしこれだけでは商品に興味を持たない人からの収益は期待できません。そこでグーグルアドセンスのようなコンテンツ連動型広告を組み合わせましょう。この種の広告は広告タグを掲載したページ内のテキストを判別し関連性のある広告を配信してくれるので、常に訪問者が広告に関心を持ちやすいのです。商品の紹介で興味を持たなかった訪問者がクリックするパターンが多く、収益のチャンスを逃さないためにも有効だと思います。

ウェブサイトのテーマに合った広告選びと、少ないチャンスを最大限有効にすることが収益をあげるポイントなのです。


コメントを投稿

関連記事

トラックバックガイドライン
トラックバック(以下TB)は随時受け付けています。ページ内容にあったTBであれば、記事内で特にこのサイトへのリンクが無くてもよいのでどんどん送ってください。その場合こちらからもTBを送りますので、TBできる状態の記事で送信をおねがいします。また関連性のないと思われるTBは削除しますのでご理解お願いします。
トラックバック一覧 (0)

このエントリーのトラックバックURL http://hps.no04.com/mt/mt-tb.cgi/14