TOP / 2005年12月ログ

ウェブサイトに人を呼び込む

あなたのウェブサイトは人を呼び込む準備が出来ていますか?コンテンツが工事中ばかりだとか、内容が個人的で読んでも意味が分らない記事ばかりのブログではありませんか?ウェブサイトに人を呼び込むということは、世界中のネットユーザーに見てもらう事を意味します(大げさに言うと)。訪問した人がなにもメリットを受けなかったと感じれば、その人は2度と訪れてくれないでしょう。ウェブサイトというのは常に更新を繰り返し、新化させていくものだと思いますので、公開の時点で完成させておく必要はないかと思いますが、ある程度はコンテンツを見れる状態にしておく必要があります。コンテンツの少なさを誤魔化そうと工事中なのにリンクを貼ったりする行為などはもってのほかです。

あくまで客観的に自分のウェブサイトを見て、ある程度コンテンツまたは記事が充実してきたと判断したら、ウェブサイトに人を呼び込みましょう。

さて、あなたのウェブサイトに初めて人が訪れる場合、どのような経路で訪問してくるのでしょうか?

必ずしも全てのウェブサイトに当てはまる訳ではありませんが、まず一番多いケースが検索サイトの検索結果からの訪問です。企業のサイトなど知名度がある場合を除いて、ほとんどの訪問者は検索サイトを経由して訪問してきます。次に多いのは相互リンクや記事の引用等で他のウェブサイトでリンクを貼られていて、そのリンクから訪問してくる場合です。そしてメールマガジンで紹介された場合や、既に訪問した人が他の人にあなたのウェブサイトの存在を教える(ようするに口コミ)場合等が続きます。他にバナーエクスチェンジや、トラフィックエクスチェンジ等特殊な物もありますが、ここでは説明を省略させていただきます。

…色々と訪問者が来る経路はありますが、結論として言えることは「何らかの理由により外部に作成されたリンク」から訪問してくるということです。つまり自分のウェブサイト以外からのリンク(ウェブサイトへの入り口)が多ければ、それだけ訪問者は多くなります。そして他のウェブサイトからのリンクは検索サイトで上位に表示される為にも必要です。GoogleやヤフーのYSTなど現在主流のロボット型検索エンジンは、複雑なアルゴリズムによって検索順位を決定していますが、検索大手Googleではページの重要度という概念を重視していると言われています。「重要度」はそのページが受けているリンクの数と、そのページへリンクしているページの評価により決定されます。つまり外部リンクを増やす事は、直接そのリンクを経由して訪問してくる人と、検索サイトでの上位表示によって訪問してくる人を得ることが出来る訳です。

ではどの様にして外部のリンクを増やせば良いのでしょうか?

地道ですが比較的効果が出やすいのは、同じようなジャンルのウェブサイトに相互リンクを申し込むという手です。ちなみに相互リンクというのは互いのウェブサイトを紹介し合うことです。アクセス数の多いサイトと相互リンクしてもらえれば直接リンクを経由してやってくる訪問者も期待できますし、規模が小さいサイトでも外部リンクを増やすという意味では効果があります。申し込む時は相手のウェブサイトへのリンクを掲載した後、申し込むのが礼儀だとは思いますが、ウェブサイトによっては相互リンクのガイドラインを細かく決めている場合もありますので、相手のウェブサイトのリンクページはよく見ましょう。

またウェブログのトラックバックという機能でも外部リンクを増やす事が出来ます。トラックバックとは、相手の記事の最後に自分の記事のリンクを貼れる機能で、同じ題材を内容とした記事を書いた場合や相手の記事を引用した場合などに、関連記事ということでトラックバックを送信する…といった使われ方が一般的です。これもブログによっては記事内にトラックバックを送る記事へのリンクを必ず掲載するなどのガイドラインを決めている場合が多いですので、トラックバックを送信する前によく相手のブログを確認しましょう。関係の無い記事に無差別にトラックバックを送る行為は厳禁です。

またあなたのウェブサイトの内容が充実していると、相手サイト側からの相互リンクの依頼が多くなったり、頼まなくても他のウェブサイトから参考サイトとしてリンクが貼られる場合があります。このようなチャンスを逃さないためにも、相互リンクの問い合わせ先や、リンクについての説明は必ずウェブサイトに明記しておきましょう。またリンクはトップページのみ可としているウェブサイトがありますが、問題がなければリンクは全部のページでリンクフリーとしておきましょう。

この他に外部リンクを増やす方法としては、小規模の検索サイトや自動リンク集に登録するという方法があります。直接のアクセスアップはあまり期待できませんが、外部リンクを増やすということでは意味がありますので、見つけたらこまめに登録しましょう。また有料でこれらのサイトの登録を代行してくれる業者もあります。

とりあえず外部リンクを増やす方法を中心に紹介しましたが、あなたのウェブサイトに魅力がないと、これら全ては一時的な集客に終わってしまいます。2度3度と訪問してくれる人を確保しつつ、新しい訪問者も随時獲得していくのがアクセスアップの基本となりますので、最初にも書きましたが集客を始めるのはウェブサイトがある程度出来上がってから…というのを忘れずに。


コメントを投稿

関連記事

トラックバックガイドライン
トラックバック(以下TB)は随時受け付けています。ページ内容にあったTBであれば、記事内で特にこのサイトへのリンクが無くてもよいのでどんどん送ってください。その場合こちらからもTBを送りますので、TBできる状態の記事で送信をおねがいします。また関連性のないと思われるTBは削除しますのでご理解お願いします。
トラックバック一覧 (0)

このエントリーのトラックバックURL http://hps.no04.com/mt/mt-tb.cgi/13